読み方:コム
別名:コンピュータアウトプットマイクロフォーム
【英】 Computer Ootput Microfilm

コンピュータの出力からオンライン又はオフラインで直接マイクロフォームに構成する技術。

注記:マイクロフォームは,マイクロフィルム形式及びマイクロフィッシュ形式の総称。

(JIS Z 6015:2016)

 

コンピュータが創り出したデータ(ビット信号)を人間が読むことのできる文字や数字に変換し、それを電子的・光学的にマイクロフィルムなどの記録材料に記録する方法をコンピュータ・アウトプット・マイクロフィルミング(Computer Output Microfilming)といい、そのデータを記録するフィルムを、コンピュータ・アウトプット・マイクロフィルム(Computer Ootput Microfilm)という。
さらに、そのデータをマイクロフィルムに記録する装置を、コンピューク・アウトプット・マイクロフィルマ(Computer Output Microfilmer)という。
これらは、いずれもその頭文字をとって、共通してCOMと呼んでいる。

即ち、COMとは、コンピュータからアウトプットするデータを、マイクロフィルムに記録するための装置、、方法等の意味をもつ総称である。
したがって、コンピュータのデータを可視文字や図形に変換し、それを直接マイクロフィルムに記録するCOM装置と、作成されたCOMフィルムを検索する一連の周辺装置およびその利用法を総称して、COMシステムと呼んでいる。