安心で社会生産性の高い電子文書情報社会の構築に向けて

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)は60年の長きにわたり、時代、時代の変化に対応し、マイクロ、電子化文書へ、さらに電子文書へ進化をさせ、文書情報マネジメントの普及啓発に取り組んでまいりました。このことは一重に長年の関係各位のご協力の賜物と深く感謝しております。

今や技術はAIやIoTの時代であり、文書情報マネジメントの世界もコンピュータで処理できるデジタルドキュメントマネジメントの世界に広がろうとしております。また社会は日本が遅れている生産性の向上や働き方改革を強く求めており、文書情報マネジメントの世界も例外ではありません。

JIIMAビジョン2016では「真の豊かさを目指す世界最先端IT国家創造の一翼を狙う“安心で社会生産性の高い電子文書情報社会の構築”」を目標にしており、記録管理の重要性を踏まえつつ、アクティブな文書情報マネジメントの実現を目指しています。

このような課題に対し、JIIMAでは会員からの派遣委員や有識者で構成する28の委員会・WG・プロジェクトが検討し、その成果を政策提言やガイドラインの発表、資格・認証制度、展示会・セミナー、機関誌・Webサイト運営等を実行しています。

JIIMAは今後も文書情報マネジメントの調査開発とその普及に取り組んでまいりますので、従来にも増して皆様方のご支援ご協力をお願い申し上げます。

公益社団法人
日本文書情報マネジメント協会
理事長 高橋 通彦