公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA) 概要

名 称 公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)
Japan Image and Information Management Association
法人番号 6010005003693
代表者 理事長  高橋 通彦
所在地 〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-1-3和光ビル7F
地図はこちら
TEL:03-5821-7351  FAX:03-5821-7354
協会活動 文書情報マネジメントの普及啓発
・展示会(文書情報マネジメントに関連したハード・ソフト・サービスの総合展の開催
・文書情報マネジメントに関する各種セミナーの開催
・文書情報マネジメントの標準化(日本規格協会より受託)
 JIS(日本工業標準規格)原案作成
 ISO/TC171関係国際標準規格審議
・文書情報マネジメントに関する法的規制の緩和推進
・文書情報管理士ならびに文書情報マネージャーの人材育成
・機関誌「月刊IM」編集発行
・文書情報マネジメントの参考書・テキスト類の編集発行
・文書情報マネジメントに関する調査研究
会員数 正会員181企業・団体
個人会員 8名
特別・名誉会員 8名
2018年2月28日現在
関係省庁 (所管)経済産業省
内閣府、総務省、国土交通省

組織

パンフレットはこちら

 

沿革

2018(平30) 磁気テープによるデジタル情報の長期保存方法JIS Z 6019制定
2017(平29) 長期データ保存用光ディスク品質判定方法及び長期保存システムの運用方法JIS X 6257制定
2016(平28) JIIMA製品認証制度 電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証開始
JIIMAビジョン2016策定
文書情報管理士検定試験をCBT化
第2弾「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律施行規則」改正
2015(平27) JIIMA製品認証制度 アーカイブ用光ディスク製品認証開始
「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律施行規則」改正
2014(平26) 「月刊IM」電子版へ移行
2013(平25) 公益社団法人として認定を受け、名称を公益社団法人日本文書情報マネジメント協会に改称
2013(平25) 文書情報マネージャー認定制度発足
2007(平19) ベストプラクティス賞を制定
2005(平17) e文書法(通称)制定
2003(平15) 「紙文書とマイクロフィルム文書の電子化プロセス」に関するJIS Z6016制定
2001(平13) 「文書情報管理士」資格制度発足
1998(平10) 国税関係帳簿書類の電子化・COM化を容認した電子帳簿保存法成立公布
1995(平 7) 協会名称社団法人日本画像情報マネジメント協会(略称:JIIMA)に改称
1988(昭63) 消費税関係帳簿書類のマイクロフィルム保存を認めた大蔵省告示公布
1982(昭57) 国税関係帳簿書類のマイクロフィルム保存を認めた大蔵省告示
(税務帳簿書類のマイクロフィルムによる保存)公布
1974(昭49) 商業帳簿等マイクロ化について法務省見解公示
1967(昭42) 第1回マイクロ写真士検定試験実施
1965(昭40) 三笠宮殿下を名誉総裁に、米英仏独など数カ国参加を得て、
第1回国際マイクロ写真大会(IMC日本大会)を主催
1963(昭38) 第1回「マイクロ写真ショウ」開催(現 eドキュメントJAPAN)
1962(昭37) 日本マイクロ写真協会が社団法人として認可
1961(昭36) 公証人によるマイクロフィルムの謄本認証が公的に認知
「JMAニュース」創刊(現 月刊IM)
1961(昭36) 公証人によるマイクロフィルムの謄本認証が公的に認知
「JMAニュース」創刊(現 月刊IM)
1960(昭35) マイクロ写真に関する日本工業規格(JIS)制定される
1958(昭33) 日本マイクロ写真協会(略称:JMA)設立

公益法人の該当性

「国と密接な関係がある」公益法人の該当性(PDF)