文書情報管理士とは

文書管理エキスパートのための資格試験。

ワークスタイル変革のための書類の電子化や個人情報の保護など、文書管理の重要性が求められています。 文書情報管理士は、書類の最適な電子保存の方法を理解し、文書の大切さを伝えるエキスパートのための資格です。

詳しくはこちら

試験を受ける

文書情報管理士試験は夏・冬の年2回開催。CBT(Computer Based Testing)方式ですので、自分のスケジュールに合わせて、日程と会場を選ぶことができます。

文書情報管理士試験について

次回試験について

次回は2018年夏試験(試験期間:2018年6月20日(水)~2018年8月15日(水))です。
詳しくは以下を参照してください。

パンフレット(PDF)をダウンロード

試験要項(PDF)をダウンロード

更新・その他諸手続きについて

更新について

文書情報管理士は、時代とともに変化する新しいテクノロジーやソリューション、また周辺の法律や規格に対応するために、5年ごとの更新が必要です。

登録情報の諸手続き

更新のご案内をお送りするために、転居した際は登録内容の変更を行ってください。

文書情報管理士検定試験 よくある質問

文書情報管理士について

Q:参考書が紹介されていますが、すべて必要ですか?
Q:資格取得後に転居したのですが、どうすればいいのでしょうか?
Q:資格取得後に転職したのですが、資格は有効ですか?
Q:受験料やセミナー受講料、参考書代金などの領収書の発行は可能ですか?
Q:たとえば2級の更新をせずに失効してしまった場合に1級の受験はできますか?
Q:文書情報管理士番号がわからないのですが。
Q:試験に合格したのですが、認定証書はいつもらえるのですか?
Q:文書情報管理士の資格を取得しましたが、名刺に印刷することはできますか?
Q:文書情報管理士の英文表記は?

受験について

試験全般について詳しくはこちらをご覧ください。

Q:車いすで受験することはできますか?
Q:受験会場などについて、すでに試験の申し込みされた方のご質問先について