JIIMAが認定する2つの資格

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)では、一般企業や官公庁・自治体、各種団体などで文書情報管理を推進するために、2つの認定資格を推進しています。

文書情報管理士

文書管理エキスパートのための資格試験

主としてサプライヤとしてのメーカー・ベンダー・サービス業向けの資格です。
大切な文書情報を取り扱うための最適な手段、技術的な知識力を検定します。上級・1級・2級の3つのクラスがあり、多数の中央官庁、独立行政法人、全国ほとんどの都道府県庁、市区町村で、電子化業務の入札参加資格要件としてされている資格です。

文書情報管理士について詳しく

文書情報マネージャー

文書管理実践のための認定資格セミナー

大量の文書情報を取り扱う一般企業や官公庁・自治体などで実際に文書管理業務に携わる ユーザーを対象とした認定資格です。
組織内で文書情報マネジメントを立案し実行する、部門の管理者またはその補佐を行う方や、文書情報マネジメントを担う専門家を目指している方などを対象としています。

文書情報マネージャーについて詳しく

文書情報管理士と文書情報マネージャーの違い

「文書情報管理士」は、主としてサプライヤとしてのメーカー・ベンダー・サービス業向けの資格として位置づけています。大切な文書情報を取り扱うための最適な手段、技術的な知識力を検定します。

一方、大量の文書情報を取り扱う一般企業や官公庁・自治体などでは、文書情報管理に対するユーザーとしての知識が必要です。「文書情報マネージャー」は、経営の観点から改めて情報の重要性を認識し、従来にはない視点で文書や記録を取り扱い、さまざまな情報を経営に活かす人材に与えられる資格です

文書情報管理士 文書情報マネージャー
資格の 取得方法
  • 年2回のCBT方式による定期試験、3つの級
  • 大学での文書情報管理論履修
  • 2日間認定セミナー(東京) (理解度確認あり)
参考書
  • 「文書情報マネジメント概論」
  • 「新しいマイクロフィルム入門」
  • 「標準化ガイドブック」
  • 「効率とコンプライアンスを高める e-文書法 電子化早わかり」
  • 「これからの経営に求められる文書情報マネジメントのあり方」
特 徴
  • 多くの官公庁、自治体での入札要件になっている
  • 受験対策セミナー
  • 文書管理・活用のための法律やセキュリティ、正しい利用法、事例などを弁護士や専門家が講師をするセミナー