公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)
『第16回ベストプラクティス賞』 候補事例募集のご案内

 

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)は、日本のあらゆる組織の価値を高めるために、文書情報マネジメントの実践を通じてDXを加速するようにリードする協会として、文書情報マネジメントの普及啓発に関する活動を重ねております。
その一環として平成19年より、先進的な文書情報マネジメントシステムを導入し顕著な効果を出された企業・団体に対し、『ベストプラクティス賞』を設けて表彰しております。
16回目を迎える今年も『ベストプラクティス賞』候補の優秀事例を下記の通り募集いたしますので、会員企業の皆様には、ぜひお取引先などでの事例をご推薦くださいますようお願い申し上げます。もちろん、社内事例の自薦についてもご応募ください。

1.『ベストプラクティス賞』とは

先進的な文書情報マネジメントシステムを導入し、顕著な効果を出している事例を、JIIMAが表彰し、広く社会に紹介する表彰制度です。

2.募集要項

以下の応募用紙をダウンロード頂き、A4版2頁以内に要約し、郵送又はPDFで送信願います。

【郵送先】
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-1-3 和光ビル7F
TEL:03-5821-7351
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
事務局長 黒柳宛

メールでの送信をご希望の場合は以下のフォームにご入力下さい。
自動返信メールが送信されますのでご確認下さい。





    締め切り 令和4年8月31日(水) 厳守ください。

    ※ベストプラクティス賞の推薦は、同時に複数者(社)を推薦することはできません。
     また、過去に落選した事例は、同一内容では再度申請はできないものとします。

    3.審査と表彰

    応募された事例については、JIIMA「ベストプラクティス賞審査委員会」で審査のうえ、先進的な事例を『ベストプラクティス賞』の「優秀賞」とし、総合点が基準以上であっても先進的な評価点が基準以下の事例を「奨励賞」として決定致します。
    『第16回ベストプラクティス賞』の表彰は、11月開催予定の「デジタル ドキュメント 2022ウェビナー」で行う予定です。

    4.選考基準

    (1)文書情報マネジメントの特性が十分に発揮されていること

    (2)先進的な事例であること

    (3)社会的な意義が大きい事例であること

    (4)セミナー講演、機関誌・Webへの資料掲載など、当協会の普及啓発活動にご協力いただけること

    5.発表

    令和4年9月中旬の予定です。ご応募頂きました皆様に結果をお知らせし、
    ○プレス発表を行います。また機関誌「IM」やJIIMAホームページでも『第16回ベストプラクティス賞ケーススタディ』としてご紹介いたします。
    ○令和4年11月に開催予定の「デジタル ドキュメント 2022ウェビナー」にて、受賞特別講演として事例発表を行っていただきます。

    皆様のご応募をお待ちしております。
    何卒よろしくお願い致します。


    これまでのベストプラクティス賞一覧

    • 第15回ベストプラクティス賞(2021年)
    • 第14回ベストプラクティス賞(2020年)
    • 第13回ベストプラクティス賞(2019年)
    • 第12回ベストプラクティス賞(2018年)
    • 第11回ベストプラクティス賞(2017年)
    • 第10回ベストプラクティス賞(2016年)
    • 第9回ベストプラクティス賞(2015年)
    • 第8回ベストプラクティス賞(2014年)
    • 第7回ベストプラクティス賞(2013年)
    • 第6回ベストプラクティス賞(2012年)
    • 第5回ベストプラクティス賞(2011年)
    • 第4回ベストプラクティス賞(2010年)
    • 第3回ベストプラクティス賞(2009年)
    • 第2回ベストプラクティス賞(2008年)
    • 第1回ベストプラクティス賞(2007年)