コンピュータの出力からオンライン又はオフラインのいずれかで直接マイクロフォーム及び光ディスクを並行して構成する技術。 (JIS Z 6015:2016)

コンピュータの出力をオンライン又はオフラインで光ディスク上に構成する技術。 (JIS Z 6015:2016)

コンピュサーブ社が開発したデータ交換用のファイル形式で、標準で「LZW圧縮」を採用し高い圧縮で生成されているため、特に画像通信を含むインターネットで利用されている。また、ホームページなどで動くように見える「アニメーション […]

「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律」(通則法)と「民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」(整備法)がある。 […]

→ 統合文書情報マネジメントシステムのこと

1996 年に登場したDVDは、大容量の記憶容量をもつ光ディスクである。映像や音楽などマルチメディアのデータを保存するために定められた規格である。もともとはビデオテープの代替として開発されたため、“Digital Vid […]

スキャナやプリンタで用いられる解像度を表すもので、1インチ(25.4mm)あたりの画素がいくつあるかを示している。解像度の高い方がより高精度の画像となるが、データ容量は画素の数で決まるため、容量は解像度の2乗に比例する。 […]

→ 文書情報マネジメントセンターのこと

コンピュータの出力からオンライン又はオフラインで直接マイクロフォームに構成する技術。 注記:マイクロフォームは,マイクロフィルム形式及びマイクロフィッシュ形式の総称。 (JIS Z 6015:2016)   コ […]

Blu-ray DiscTMの略称。ブルーレイディスクアソシエーション(Blu-ray Disc Association)で規格化された、青色レーザとNA 0.85対物レンズを用いて記録再生を行う光ディスク。 代表的なB […]