A-G

D
dpi

解像度の単位 スキャナやプリンタで用いられる解像度を表すもので、1インチ(25.4mm)あたりの画素がいくつあるかを示している。解像度の高い方がより高精度の画像となるが、データ容量は画素の数で決まるため、容量は解像度の2 […]

続きを読む
D
DVD

映像や音楽などマルチメディアのデータを保存するために定められた大容量の記憶容量をもつ光ディスクの規格 もともとはビデオテープの代替として開発されたため、“Digital Video Disk”とされていたが、コンピュータ […]

続きを読む
E
ECM

組織的な処理に関連しているコンテンツ及び文書 のキャプチャ・管理・格納・保存・送付に使用される戦略、方法及びツール 統合コンテンツ管理ともいう。 (JIS Z 6015:2022の4.53)

続きを読む
E
EDMS

文書のライフサイクル全体にわたって文書の管理を扱うコンピュータベースのアプリケーション EDMS には、文書画像化、ライブラリサービス、ワークフロー、フォーム管理及び自動文字認識のような、技術のうち、一つ以上が含まれる場 […]

続きを読む
E
ESI

電子媒体に保存されることによってその一時的な存在が証明される、全ての種類及び情報源からのデータ又は情報 ESI には、従来の電子メール、メモ、手紙、スプレッドシート、データベース、オフィス文書、プリゼンテーション、コンピ […]

続きを読む
G
G3(圧縮)

ランレングス符号を使用して冗長性を縮小するT.4 圧縮標準の圧縮形式 (出典:JIS Z 6015:2022の4.61)

続きを読む
G
G4(圧縮)

ランレングス符号を使用して冗長性を縮小するT.6 圧縮標準の圧縮形式 (出典:JIS Z 6015:2022の4.62)

続きを読む
G
GIF

コンピュサーブ社が開発したデータ交換用のファイル形式 標準で「LZW圧縮」を採用し高い圧縮で生成されているため、特に画像通信を含むインターネットで利用されている。また、ホームページなどで動くように見える「アニメーションG […]

続きを読む
C
COM

コンピュータの出力からオンライン又はオフラインで直接マイクロフォームに構成する技術 ここで、マイクロフォームは、マイクロフィルム形式及びマイクロフィッシュ形式の総称である。 コンピュータの出力を人間が読むことのできる文字 […]

続きを読む
C
COM/COLD

コンピュータの出力からオンライン又はオフラインのいずれかで直接マイクロフォーム及び光ディスクを並行して構成する技術

続きを読む