電子文書情報だけで文書情報の交換及び処理を完結させることが可能な社会。必要に応じて紙の文書情報を使うことも可能。 社会生産性が高い電子文書情報社会では、電子文書情報をベースとした高い業務効率及び文書情報の付加価値生産、紙 […]

決められた領域にデータが非可逆的に記録され、かつ、そのデータを光ビームで多数回読み取ることができる光ディスク。 注記:代表的な追記形光ディスクとしてJIS X 6282に適合したCD-R、JIS X 6249に適合したD […]

人間の目には認識できるがスキャナで読み取ると背景色と同化して識別できなくなる色。 注記:OCRにおけるけい(罫)線除去などに用いられる。 (JIS Z 6015:2016)

アクセス性に優れたCD/DVD/HDDなどのデジタル保存媒体と長期保存性に優れたマイクロフィルムの双方の特長を活かし、それぞれを補完、共存する形で実現するシステムおよび管理手法。 デジタル媒体およびシステムだけでは、10 […]

光ディスク上の欠陥。光ディスク記録面に付着した埃、指紋、擦り傷や製造時に基材に混入した気泡や塵などがある。

保存期限に達した文書情報に対する作業。 注記:ディスポーザルには、文書情報を廃棄する作業及び長期保存する作業が含まれる。 (JIS Z 6015:2016)

Dublin Core Metadata Initiativeが制定した文書情報を特定するためのメタデータの標準仕様。 (JIS Z 6015:2016)   情報資源発見のためのメタデータ(索引、抄録など)記 […]

文書情報がその時刻に存在したことを確認できる時刻情報。 注記 文書の作成又は取得の際に,この時刻情報を付与することによって,作成又は取得時以降の意図しない改変の有無を検知することができる。 (JIS Z 6015:201 […]

狭義では紙ベースの文書・書類をスキャナによりイメージ入力し、検索用インデックス情報の入力、最適なストレージ装置への記録、文書のライフサイクル管理などを行い、必要なときに迅速に該当文書イメージを検索・表示することのできるシ […]

<各法令での規定>「電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるもの」をいう。媒体上に記録・保存された電子データ。 民 […]