令和元年度税制改正対応
効率とコンプライアンスを高めるe-文書法電子化早わかり(初版)発売のお知らせ

JIIMA法務委員会が定期的に発行してきたe-文書法・電子帳簿保存法を解説する
電子化の手引書「e-文書法電子化早わかり」を、2019年3月に公表された要件を
踏まえて装いを新たに刊行しました。
国税関係書類のスキャナ保存にはハードルの高い要件が多くありましたが、2015年3月の
財務省令改正ではこれら厳しい要件が一挙に緩和され、2018年度には累計承認件数が
2,898件(2014年の約20倍)になるなど、スキャナ保存制度の活用が広がってきています。
そして続く2019年には、JIIMA認証による電子帳簿保存法の承認申請手続き簡素化や
過去分重要書類のスキャナ保存が認められるなど、さらに要件が緩和されました。
時代に合わせて変化していくe-文書法に対応するために、あらゆる文書の電子化に関する
実用書として刷新しました。

 

e-文書法 電子化早わかり JIIMA編 B5判
価格:3,000円(税別・送料別)
令和元年(2019年)12月刊
(初版)

・文書情報管理士検定参考書について

本書は文書情報管理士検定試験の参考書に指定されています。
2020年夏試験以降は、こちらの参考書より出題されます。