電子文書に関しては、情報セキュリティ上の懸念や訴訟等の手続における証拠能力の不安を少なからずもたれていることから、電子文書利用による効果が十分に享受されない状況が続いています。
本ガイドラインは、この状況を改善すべく、外部と取り交わす電子文書や内部の電子文書の管理に関して、信頼性向上のための方法を提示します。

 

ガイドラインのダウンロードはこちら