2019年4月18日
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
R&Dデータ保存研究会

R&Dデータ保存研究会は,製薬業界の研究施設,試験検査施設等において各種の測定機器から出力された電子データ(測定機器データ)を,再解析を前提として信頼性を保ったまま長期間に渡り安心して保存管理する方法を提示することを目的に活動を続けております。昨年11月にはその成果を「測定機器データの長期保存ガイドライン(案)」として公開すると共に意見募集を行い,広く関係者の方々からご意見を頂きました。研究会では,このご意見をもとに更に検討を進め,改訂版を「測定機器データの長期保存ガイダンスv2.0」として発行することに致しました。
意見募集にご協力頂いた皆様には,この場を借りて厚く御礼申し上げます。

本ガイダンスが,製薬業界の研究施設,試験検査施設はもとより,広く電子データの信頼性を保ったまま長期に保存する要求に対する解決の一助になれば幸いです。

 

ガイダンスのダウンロードはこちら