その証拠を事実認定の資料として用いるための証拠の形式的な「資格」のことを云う。

製造業者等が、自ら製造,加工,輸入又は一定の表示をし、引き渡した製造物の欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、過失の有無にかかわらず、これによって生じた損害を賠償する責任があることを定めている法律。 被害者 […]

プラスチック材を用い、その上を磁気化された層で被覆し、データの記録を可能とするテープ。 (JIS Z 6015:2016)

厚生労働省が「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」で、医療情報の電子保存に対して、「見読性」、「保存性」とともに挙げている必要な条件。 ガイドラインによると、「真正性」とは、正当な権限において作成された記録に […]

電子化文書を作成する担当者を管理し、電子化文書が法令等及び社内規程等の定めに則って効率よく作成されることに対して責任を持つ者。実務責任者の責務の全部あるいは一部を外部委託することができる。

特定の紛争における真偽や違法行為の存否を判断する根拠となるものをいう。 物的証拠(書証、物)、人的証拠(証人、鑑定人、当事者)がある。