不要となった文書等の情報を、破砕・裁断・溶解などの方法で、判読不能な状態にすること。なお、機密抹消後の紙・プラスチック等は、リサイクル又は廃棄ということになるが、可能な限りリサイクルに配慮すべきである。

情報に関して、アクセスを認められたものだけがこれにアクセスできる状態をいう。 電子文書へのアクセスを制限すること、アクセス履歴を記録すること等により、アクセスを許されない者からの電子文書へのアクセスを防止し、電子文書の盗 […]