H31年度税制改正大綱(電子帳簿保存法関係)を解説します

2019年1月吉日
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
法務委員会

 

拝啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、昨年12月14日に政府与党から平成31年度税制改正大綱が発表され、翌週の21日にその内容が閣議決定されました。

 電子帳簿保存法関係では、JIIMA認証ソフトを利用することで承認申請が簡略化されるほか、重要書類の過去分についてスキャナ保存が容認されることが決定されました。さらに、大綱で発表されていない通達やQ&Aレベルの緩和策も見えてきたことから、関係者の皆様にお知らせすべく緊急セミナーを下記の通り企画しましたので、ご参加いただけますようお願い申し上げます。

敬 具

 

 

1. 日時  2019年2月27日(水) 15時30分~17時30分 (15時受付開始)

2. 会場  TKP神田駅前ビジネスセンター カンファレンスルーム 5G
       東京都千代田区鍛冶町2-2-1 三井住友銀行神田駅前ビル 5階
      (JR神田駅東口 徒歩3分、東京メトロ銀座線神田駅1番出口 徒歩3分)

3. 定員  40名

4. 参加費 1名20,000円(JIIMA会員価格 16,000円)
      ※JIIMA会員:JIIMA正会員ならびに文書情報管理士、文書情報マネージャーです。

5. お申込み 下記よりお申し込みください。

6. お支払い お申込後に郵送される振込用紙(コンビニエンス払込票)にてお支払ください。

7. プログラム

  •  (1)15時30分~16時20分 平成31年度税制改正大綱(電子帳簿保存法関係)の解説
  •                 講師/SKJ総合税理士事務所 税理士 龍 真一郎 氏
  •  (2)16時30分~17時10分 JIIMA電帳法ソフト認証制度について
  •                 講師/JIIMA専務理事 甲斐荘 博司
  •  (3)17時15分~17時30分 質疑応答

 

税制改正大綱2019緊急セミナー お申込み

【本件お問合せ先:日本文書情報マネジメント協会 専務理事 甲斐荘 博司】