⼀昨年9月、政府は内閣官房に「働き方改革実現推進室」を設置し、国をあげて働き方の改革への取り組みを始めました。しかしながら、実現のための方策が具体化されず、各企業では戸惑いが広がっています。その中で、効率よい作業環境の実現のために文書情報管理が欠かせないことに注⽬が集まっています。昨年10月に東京ビッグサイトで開催された「eドキュメントJAPAN」の展示会及びフォーラムへの来場者アンケートでも、およそ半数が働き方改革へ関心をもっていることが分かりました。
「働き方改革と生産性向上を実現する、デジタルドキュメント」をテーマにした特別講演や実践事例など、非常に興味深い内容のセミナーです。是非、ご来場ください。

プログラム

NTT品川TWINS 1階セミナールーム (定員70名)
セミナー 受付開始 12:30 開演 13:00

1

13:00

13:05

ごあいさつ

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会 理事長 高橋 通彦

2

13:05

13:45

特別講演働き方改革と生産性革命を実現した総務省行政管理局のオフィス改革について

総務省 行政管理局 情報公開・個人情報保護推進室 主査 土屋 絢子 氏

「働き方改革」の必要性が声高に叫ばれる一方、働き方改革を進めるにあたって、具体的に何から取り掛かればよいかよくわからない方も多いのではないかと思います。
今回は、総務省行政管理局が行ったオフィス改革について、特に文書整理という観点での取組に焦点を当て、ご紹介したいと思います。

3

13:55

14:35

電子化×自動化ですぐ実現し、進化を図る、働き方改革の現実解

ウイングアーク1st株式会社 営業・ソリューション本部 帳票事業戦略担当部長 大垣 考広 氏

企業の業績を向上させ社会を活性化させるための働き方改革には、社会の変化のスピードに対応した企業の生産性向上と業務効率の最適化が必要不可欠といえます。
本セッションでは企業の働き方改革の実現を支援する、紙を介するアナログ業務の自動化による生産性向上や業務効率最適化についてご紹介いたします。

4

14:40

15:20

AIを活用したデータエントリ業務改革で働き方が劇的に変わる!

株式会社日立ソリューションズ ビジネスコラボレーション本部 レポートソリューション部 吉村 亮一 氏

近年のIT進化の一方で、ビジネスのやり取りではいまだに紙での運用も多く、取引先から受領する注文書、請求書などに記載された情報を基幹システムに手入力されているケースも多く見られます。
本セッションでは、このようなデータエントリ業務にAIを活用し、業務効率化とともに働き方改革につながる秘策をご紹介します。

5

15:25

16:05

働き方改革のための文書情報管理とコミュニケーション

富士ゼロックス株式会社 ソフトウェア開発本部 第一SPF開発センター センター長 桂林 浩 氏

在宅や外出先でもオフィスと同様に仕事やコミュニケーションが行える働き方への改革が活発化しています。その為には制度だけではなく、
働き方を促進する文書情報管理システムと短期的および長期的なコミュニケーション支援システムが必要です。事例を含めてご紹介します。

6

16:15

16:55

特別講演働き方改革の環境構築支援~地域の会社を全力サポート~

東日本電信電話株式会社 ビジネスイノベーション本部 担当課長 西村 剛仁 氏

長く日本のインフラを支えてきた当社。ICTを活用した環境面からの働き方改革を支援します。システムを導入することを目的とせず、
環境を整えることによる「働きやすさ改革」を目指すための事例などをご紹介します。

お申し込み受付開始 2月6日(火)より
※満席になり次第締め切りとさせていただきます。

お申し込み

パンフレットのダウンロード

日時・会場

2018年3月15日(木)13:00~16:55

NTT品川TWINS 1階セミナールーム
 (定員 70 名)

〒108-0075
東京都港区港南1-9-1 NTT品川TWINSビル

●JR品川駅下車、徒歩約5分

定員 70 名

入場無料

※講演内容、講師、時間などが予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

Leave a Comment