【英】long-term preservation

あらかじめ決められた保存条件で、30年あるいは100年などの長期間にわたり、文書の保存・管理を行うこと。保存条件と保存期間はともに、法令等や業務上の必要性あるいは歴史的価値等によって定める。

なおJIS Z 6015:2016では、次のように定義している。

業務上の要求される保存期間を超えて保存する作業。

注記:長期と呼ばれる期間は, 管理システム又は媒体によって異なっている。JISZ 6017の光ディスクでは10年~30年程度,JIS Z 6018のマイクロフィルムでは100年以上を長期と定義している。

(JIS Z 6015:2016)