書面で作成された書類をスキャナでイメージ化し、電子的に保存すること。

スキャナ保存自体は一般的なことであるが、e-文書法が法定保存文書を電子データとしての保存も認めた時、スキャナ保存も含むとされたこと、また、電子帳簿保存法でも書類のスキャナ保存が認められるたことから、注目を集めた。

スキャナ保存では、一般にはその方法など規程されていないが、電子帳簿保存法では画像の解像度や取り込んだデータにタイムスタンプをつけることなど厳しく要件が指定されている。