文書情報流通基盤

文書情報の流通を可能とするための、インデックス(文書情報利用台帳)、データ抽出、フォーマット変換などを提供する基盤。 文書情報の内容・フォーマット・利用条件・連絡先などの情報を掲載したインデックスの提供、真正性と見読性を […]

続きを読む
文書情報管理台帳

文書情報を運用するために必要となる情報をまとめた台帳。レジストリともいう。 注記:リテンションスケジュールに示された取扱いに対する証跡を含む場合がある。 (JIS Z 6015:2016)

続きを読む
は行
分散保管

複数の場所に分けて保管すること。 物を複数の場所に分けて保管することで、一か所に何かが起こっても、複数の場所が同時に被害を受けることはほとんどないため、安全性が高まる。 電子データの場合は、データのコピーを作り、これを複 […]

続きを読む
は行
フロッピーディスク

記憶媒体の1つで、磁性体を塗布した1枚の円盤と、それを保護するケースなどにより構成されている。データの読み書きの速度は速くない。 記録のしくみは、磁性体を塗った円形のプラスチックフィルムを回転させながら、両面を使い、かつ […]

続きを読む
は行
ブロック

データ構成の単位で、エラー訂正の単位としても用いられる。BDディスクの場合、1 LDCブロックは64 KBytes。

続きを読む
は行
ファイリング

ファイリングとは、すでに作成されて存在している文書情報を整理し体系的に管理しようとする手法であり、文書のライフサイクルにおいて保管・保存、活用、廃棄が主体となる。

続きを読む
は行
ファームウェア

光ディスクに正確な信号を記録するために、レーザパワーやレーザ照射パタンを調整するためのプログラム。記録機に内蔵されている。

続きを読む
は行
文書情報管理士

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)が認定する資格試験で2001年から実施している。 上級・1級・2級の3つのクラスがあり、現在累計で約12,000人以上が資格を取得している。主にオフィスで取り扱う文書 […]

続きを読む
は行
文書情報マネジメントセンター

文書や重要文書等を保管し、また電子化、ピッキング等付随する作業、サービスを行う建物、施設、設備の総称。DMCと略することがある。

続きを読む
は行
文書情報マネジメント

文書情報を真正に維持,保存,廃棄及び長期保存する組織的な運用。 (JIS Z 6015:2016)   JIIMAビジョン2016では『文書情報を真正に維持、保存、廃棄及び長期保存する組織的な運用。文書情報の作 […]

続きを読む