出力画像領域

出力デバイスが画像を配置できるフレーム ほとんどの電子印刷又はイメージングデバイスでは、出力画像領域は用紙全面よりも小さく、その結果、ページサイズよりも小さい画像領域になる。 (出典:JIS Z 6015:2022の4. […]

続きを読む
寿命特性

[文書]文書を使う頻度が時間と共に変化すること 例えば業務用文書はその内容が日常業務に関係している数週間から数ヶ月は活発に使用され、通常は徐々に使用頻度が減少する。予算書などは翌年の予算作成時に参照するため、頻度が一時的 […]

続きを読む
証拠

ある処理の文書資料(ISO 30300:2011 の3.1.5 参照) これは、業務活動の通常の過程で作成されたと示すことができる、かつ、侵害されておらず全てが備わる、業務処理の証拠である。その用語の法的な意味には限定さ […]

続きを読む
情報

意味のあるデータ (出典:JIS Q 9000:2015 の3.8.2) データは、その意味を解釈するために必要なコンテキストが欠けているとみなすことが可能である。情報は正確かつタイムリーで、目的のために具体的に整理され […]

続きを読む
情報資産

共有が可能で、物理的又はデジタル的な形式で保持できる情報のセット (出典:JIS Z 6015:2022の4.148)

続きを読む
情報プロバイダ

組織と情報を共有している個人又は団体 (出典:JIS Z 6015:2022の4.154)

続きを読む
初期化

データ媒体の使用、処理の実施又は機械の起動の前に実行する必要がある操作 (出典:JIS Z 6015:2022の4.78)

続きを読む
処分

特定の記録のための承認された処分行為を規定する文書又はその他の手段に記載されている、記録の保持、破棄又は移管決定の実施に関連するさまざまなプロセス (出典:JIS Z 6015:2022の4.165)

続きを読む
真正性

正当な権限において作成された記録に対し、虚偽入力、書換え、消去及び混同が防止されており、かつ、第三者から見て作成の責任の所在が明確であること。なお、混同とは、患者を取り違えた記録がなされたり、記録された情報間での関連性を […]

続きを読む
真正な記録

それが意図するものであり、作成又は送信したとされる人物によって作成又は送信され、意図された時間に作成又は送信されたことの証明が可能な記録 (出典:JIS Z 6015:2022の4.152)

続きを読む