可視性

→ 見読性のこと

続きを読む
完全性

電子文書の原本性を確保するために求められている三つの要件、「完全性」「機密性」「見読性」のうちの一つ。 電子文書が確定的なものとして作成され、又は取得された一定の時点以降(原簿等追記型のものについては、追記した部分につい […]

続きを読む
可逆圧縮

処理による情報の欠落がなく,処理前の状態を完全に復元可能な圧縮方法。 (JIS Z 6015:2016) 電子データの容量を小さくする方法には、「可逆圧縮」と「非可逆圧縮」の二方式があり、可逆圧縮とは,データの損失が全く […]

続きを読む
可用性

必要な時に必要なデータにアクセスできる確率を示しており、システムの壊れにくさであり、障害が発生した時に短時間で回復できるかを示すものである。 可用性の向上のために、システムの信頼性が求められ、品質のよい故障し難いシステム […]

続きを読む
解像度

画像の細かさを走査する能力及び画像の細かさを再生する能力。 注記:例えば、スキャナのセンサ画素ピッチ、液品表示器の画素ピッチを指す。 (JIS Z 6015:2016)

続きを読む
解像力

光学式又は写真システムにおける隣接した二つのライン文は文字の区別又は分離の程度を数値で表した能力。 (JIS Z 6015:2016)

続きを読む
管理責任者

全社あるいは部門の統合文書情報管理システムを運営および管理するための責任者。その構成員に対して組織が設定した方針、手順、標準などを遵守させる責任をもつもの。

続きを読む
監査証跡

文書情報を運用していることを説明するために取得される運用の記録。 注記:監査証跡は、作成、 登録、保存、保存時の取扱い、廃棄などの文書情報に対する運用情報を表す。文書情報マネジメントを運用する組織は、運用証跡を監査するこ […]

続きを読む
画素

画像データを構成する最小単位。 (JIS Z 6015:2016)

続きを読む
画像補正

電子化文書の画像品質を維持向上するために行う階調補正,エッジ強調などの画質の改善。 (JIS Z 6015:2016)

続きを読む