Q&A

Q1:どうしてこのような評価が必要なのですか?
A1:

文書管理には、絶対的な指標はほとんどなく、十分に出来ていると思っていても、外部から見た時には不十分であることがあります。客観的な評価で判断することが大切です。この達成度評価基準は、公平な第三者の目を通した評価を提供するものです。

Q2:評価はいつでも受付可能ですか?
A2:

特別に期間は設けていません。いつでも受け付けていますが、時期によっては評価結果をお返しするまでの時間が多少かかる場合もあります。

Q3:社内でも、部門によって管理状態が大きく違っていますが、このような場合はどのようにすればいいのでしょうか。
A3:

部門によって管理状態が違うことはよくある事です。このような場合は、それぞれ違う部門で回答票を出してください。

Q4:評価結果を受けて、文書管理を推進しましたが、推進後に再度評価してもらえるのでしょうか。
A4:

このような積極的な活動は大いに歓迎します。

Q5:誰でも評価を受けることができますか?
A5:

この評価制度は、JIIMA会員以外の方からも受け付けます。