公益社団法人日本文書情報マネジメント協会
  • 会員へのリンク
  • お問合せ
  • MAP
  • HOME

文書情報管理士検定 CBT方式による試験

試験方式

文書情報管理士検定試験は、CBT(Computer Based Testing)方式を採用しています。CBT方式は、全国に約190か所ある会場の中から最寄りの会場で自分のスケジュールに合わせて試験を受けることができます。 また、急な出張や病気などの場合、予約した試験日を受付期間中かつ試験日の3日前までなら変更ができます。 合否結果は試験終了後、すぐに会場でレポートをお渡しします。このレポートには合否の他に、正答率、出題区分ごとの正答率も記載されます。

団体向け受験チケット(バウチャーチケット)

同一の事業所(または学校など)10名以上(級は問わず)の場合は、事前一括購入、一括支払いのバウチャーチケット (当該試験期間のみ有効の、枚数指定による事前購入受験チケットで請求書発行による銀行振込み)が利用できます。 30名以上の場合は受験料を20%割引いたします(学生割引には適用外)。 団体申し込みは日本文書情報マネジメント協会のWebサイトから直接お申込みください。電話、FAX、郵送などによる受付は行いません。 バウチャーチケットによる受験申し込みは各個人で行います。

試験日程

受験申込み期間団体・学割向け
チケット販売期間
受験期間・合否認定証書発送
夏試験 6月20日 ~ 8月15日5月 1日 ~ 7月20日7月20日 ~ 8月31日9月30日頃
冬試験 11月20日 ~ 1月31日10月 1日 ~12月20日12月20日 ~ 2月10日3月10日頃

※同一試験期間内では、級を問わず1回の受験のみ可能です。(同じ級の再受験、合格後の上位級受験はできません)
※有効期間内の文書情報管理士資格を有している場合は、上位級以外を受験することはできません。
※受験条件などに不備があった場合などは、受験後であっても認定を取り消す場合があります。

更新制度

文書情報管理士資格を継続するためには資格取得5年後の有効期限前に更新が必要です。更新手続期間に「更新のご案内」を登録された住所あてに郵送します。

上記の有効期間内に更新手続きを行ってください。詳しくは「更新について」をご覧ください。