読み方:ティフ
【英】tagged image file format

画像データのファイル形式の一つ。

TIFFはタグ付きイメージ ファイル フォーマット(Tagged Image File Format)の略で、ISO 12639で規定されている。

(JIS Z 6015:2016)

電子文書及び電子化文書のファイル形式の一つで、白黒2値、グレースケール、および様々なカラー形式に対応している。

アルダス社が中心となって開発した(現在はAdobe Systems社が管理している)ファイル形式で、Windowsパソコンだけでなく、MACやUNIXなどさまざまなプラットフォームで利用できる汎用性に富んだファイル形式である。
TIFFには様々なバージョンがあるが、1992年に「TIFF Revision 6.0」という形式が発表され、これが現在の標準形式になっている。1つのファイルに複数の画像をまとめて格納すること(マルチ・ページ)も可能であるが、アプリケーションによっては対応していない場合もあり、確認が必要である。
TIFFは可逆圧縮(もとの画像データに戻すことができる)が基本であるが、TIFF6.0以降はJPEG圧縮もサポートされるようになったため、注意が必要である。

TIFFの特徴は次のようなものである。

  • 拡張子は「.tif」「.tiff」
  • 取扱色は 1~8,12,24,32ビットまで
  • 圧縮率はあまり高くないが、可逆圧縮であることが特徴
  • データ配列などのデータをタグと呼ばれる部分に記録するため、同じTIFFファイルの中にもさまざまなフォーマットが存在
  • 圧縮方法は、LZW,G3 Fax,G4 Faxなど マルチページの取扱が可能