R-SER

40 Bytes以上のバーストエラーを除いたランダムエラーの1万LDCブロックあたりの平均値で、検査値は光ディスク面内の最大値とする。