電子文書情報だけで文書情報の交換及び処理を完結させることが可能な社会。必要に応じて紙の文書情報を使うことも可能。
社会生産性が高い電子文書情報社会では、電子文書情報をベースとした高い業務効率及び文書情報の付加価値生産、紙文書の保管スペース削減や人・モノの移動削減に伴なう省エネオフィス・業務、電子文書情報の有機的管理によるリスク回避・低減が実現される。