証拠

特定の紛争における真偽や違法行為の存否を判断する根拠となるものをいう。
物的証拠(書証、物)、人的証拠(証人、鑑定人、当事者)がある。