電子データは目で見えないため、全てのデータに対してアクセスする手段が必要。見読性の確保の要件の一つとして、電子化文書等を必要に応じて、検索することができることをいう。いつでも検索できるために、システムの信頼性・可用性が確保されていなければならない。