法務委員会 e- 文書推進WG

担当理事
石田 敏 (いしだ さとし)
リーダー
益田 康夫 (ますだ やすお)
委員数
10名
委員長
甲斐荘 博司 (かいのしょう ひろし)

活動内容

  • e-文書法の普及・啓発
  • 「JIIMA電子化文書取扱いガイドライン」作成見直し
  • 「国税関係書類等の電子化文書取扱ガイドライン(案)」作成見直し
  • 「電子帳簿保存法10条(電子取引)解説書」の作成

平成26年6月24日規制開会実施計画の閣議決定の中に「国税関係帳簿書類の電子化保存に関する規制の見直し」に関して閣議決定されたことが公開されています。その中には、法が定める「一貫性」「相互関連性」「見読可能性」「検索機能」等は、紙帳簿では具体的に求められていない要件であり、紙による保存よりも過度に厳格になっている要件を見直すべきと、踏み込んだ内容になっています。
これらの規制改革の流れを注視しつつ、電子取引(法10条)に係る電磁的記録の保存義務に関する規定の解説書を作成しました。本条は電子取引で取引情報を授受した場合、データ保存を義務づける規程になっていることが重要な点となります。
今後は4条3項のスキャナ保存の通達や解釈で緩和可能な部分の棚卸しをします。

ページTOPへ