電子化文書の取扱ガイドラインは国内で初めて発表されるものです。平成14年3月に経済産業省に提出されたJIS規格案「紙文書及びマイクロフィルム文書の電子化プロセス」と連携し、車の両輪として機能することを意識して、近い将来電子化文書の法的証拠能力が許容されるようになった時に、確実に法的証拠能力を持てるようにすることを目的にしています。内容はまだ案の段階ですので、多くの方々からご評価、ご意見をいただければ幸いです。
ご意見等は、JIIMA事務局宛に当ホームページのE-mailインフォメーションにてお寄せください。

■■PDFダウンロード

電子化文書取扱ガイドライン案解説

行政機関の電子化文書取扱ガイドライン(案)

[法務委員会のページへ][文書情報に関する法律などのページへ]

Copyright(C) 1998-2002 Japan Image & Information Management Association ALL Rights